映画「舟を編む」を観て

試写会行ってきました。
久々の応募の一発当選!
早々に仕事を切り上げ、金沢フォーラスシネマへGo!

さて、率直な感想ですが、可もなく不可もなく、と言ったとこでしょうか。
決してつまらない作品ではありません。会場がドッとウケる場面もしばしば、とても楽しい映画でした。
ただ、他人に勧めるほど面白いか、と言うと、ちょっとそこまでは、と言ったところ。
辞書作成と言う面白い題材でありながら、映画で描かれる作業は予想の範囲内。
ヲタクチックな主人公と、宮崎あおい演じる彼女との絡みも、いまいち盛り上がらず。
松田龍平の化け具合と、オダギリジョーの味のあるキャラは特筆すべきところだけど、作品としては全体的に中途半端な感じだった。

テレビドラマの範疇を越えてない映画と言えばいいかな。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image