映画「ステキな金縛り」を観て

三谷幸喜とウディ・アレン作品は出来のバラツキが大きい、と言うのがσ(^^)の持論。
この映画サイコー、と思っていたら、次回作で???ってことは多々あり。
さて、今回の三谷幸喜作品は…サイコーでした!

深津絵里ちゃんがムチャ魅力的だったし、中井貴一のとほけぶりにも抱腹絶倒。
落ち武者を刑事裁判の証人にする、って荒唐無稽なアイディア、よく思いつくよなぁ。
この人は常にこういう事を考えてるんだろうか?
まあ確かに、死人を証人台に立たせることができるなら、殺人事件なんてあっと言う間に解決なんだけど。

エンディングテーマは男女のデュエット。
男性は落ち武者役の西田敏行であることはすぐにわかった。
女性の方はもしや?・・・なんと主役の深津絵里ちゃんが歌っているとのこと。
すごい歌唱力ではないか。

彼女主演のテレビドラマと言えば「踊る大捜査線」が真っ先にあがりそうだが、σ(^^)は「恋ノチカラ」が好きだった。
やっぱり彼女はコメディが似合ってるよ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image