映画「プリンセス・トヨトミ」を観て

別に万城目ワールドにはまったわけではないですが、「偉大なる、しゅららぼん」、「鴨川ホルモー」に続いて「プリンセス・トヨトミ」も鑑賞しました。
先の2作と違って、本作はシリアスタッチな作品でした。
といっても、荒唐無稽なところは同様ですが。

クライマックスは大阪クーデターと言わんばかりの群衆シーンで、なかなか見ごたえがありましたが、盛り上がりが今ひとつ。
原作云々より、映画制作陣の力量不足なんでしょうな。

堤真一と中井貴一の二大俳優のバトルが、ある意味、この映画の見どころかなぁ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image