映画「僕のワンダフル・ライフ」を観て

犬を題材にした作品です。

犬好きなσ(^^)なので、さぞ涙腺を刺激されるであろうと思っていたが・・・本作は珍しく涙腺を刺激されることはなかった。

劇中のナレーションが主人公となる犬が努めている。

字幕版を鑑賞したが、これが全然可愛くない声色だったりする。

 

ストーリーもありがちというか、先が読めるというか。

この作品で唯一共感できたのは、犬の輪廻転生か。

人間よりはるかに寿命の短い犬。

最愛のペットが生まれ変わる・・・飼い主誰しもの願望だなぁ。

 

 

泣ける犬映画といえば、やはり「いぬのえいが」だろう。

犬をテーマにしたオムニバス映画だが、特に「ねぇ、マリモ」は名作だ。

 

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image