めぐりあう時間たち (映画 )

2003年 アメリカ作品

久々にいい映画を見ました。
と言っても、映画館ではなく、テレビでの鑑賞なんですが。
イギリス人作家ヴァージニア・ウルフの著作『ダロウェイ夫人』がベースになってるらしいんだけど、文芸作品はおろか小説と言うものに縁遠い人間なんで、まったく予備知識なく鑑賞。
確かに意味が分からない箇所もあったけど、それでも引き込まれたのは、脚本の完成度、俳優の名演技、そしてこの作品を通して漂う知的な雰囲気によるものだと思う。

1923年、イギリスはリッチモンドでは、作家ヴァージニア・ウルフは『ダロウェイ夫人』を執筆していた。
1951年、ロサンジェルスでは、妊娠中の主婦ローラ・ブラウンは『ダロウェイ夫人』を愛読していた。
2001年、ニューヨークでは、『ダロウェイ夫人』の主人公と同じ名前のクラリッサ・ヴォーンは、恋人である作家リチャードの受賞パーティの準備をしていた。

この作品は、年代も場所も違う三人の女性のある一日を、交互に織り混ぜながら進行する。
なぜ、まったく関連性もない女性の物語が同時進行するのか?って疑問を感じたが、最後に三人(二人)の人生が交錯する。
「おお〜、そういうことか!」と正直感嘆させられたが、この映画はそんな期を衒うストーリー展開で終止しない。

いつの時代も人は悩み、そして人それぞれの答えを出す。
それが正しいか、正しくないのかは、いくら時代が経とうと判断はできない。
そんなことを考えさせられた作品だった。

それにしてもヴァージニア・ウルフを演じた二コール・キッドマンはスゴイ!
さすが、この作品でアカデミー主演女優賞を受賞しただけのことありますわ。
徹底した変身ぶりで、二コール・キッドマンが出演してるって言われないと、全然分かりません(^^;

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


One Response to “めぐりあう時間たち (映画 )”

  1. それいゆ より:

    それいゆもこの映画大好きです。それいゆはメリル・ストリープがステキと思いました。
    トラックバックさせていただきましたのでご挨拶まで。

コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image