北國花火2005金沢大会 (ι )

7月30日、金沢は犀川で行われた花火大会へ行ってきました。
遠目では何度か見たことはあったんですが、打ち上げ会場まで足を運んで見たのは初めて。

会場近くは交通規制されるため、会場から離れた金沢駅に車をとめ、そこから花火大会のための無料臨時バスで会場へ。
写真はリニューアルした金沢駅東口…ぱっと見、金沢にもドームが?と思ってしまう様相。
駅は都市の顔と言うことでしょうか、気合いの入った作り。
いささか金沢にはミスマッチのような(^^;)

19時ちょっと前にバスに乗り込む。
駅西のバスターミナルは花火の観客と思われる人混みでごった返していましたが、臨時バスがひっきりなしに出発していたため、さほど待たされることなく乗り込むことができました。
こんなにバスが余ってるってこと?

20時に花火がスタート。
出店で買ったオムそばを口に運ぶ暇もなく、連発して花火が上がり続ける。
やはり、打ち上げ地点近くで見る花火は迫力があります。

そんな迫力のある花火を見ていると、周りから耳障りな言葉が聞こえてくる。
「わ〜、ヤバイ。この花火、ヤバイよ。」
そう、今時の若者言葉である。
「何がヤバイだ。キレイ、とか、スゴイでいいじゃないか。」
と、心の中でつぶやく30代男。

打ち上げ地点は人が多いから敬遠してたんだけど、人混みをかき分けて鑑賞する価値ある花火大会でした。
と言っても、場所が広いせいか、思ったほど混雑はしていませんでしたが。

特にラストの空を覆うような大花火の連発は圧巻…あれはマジ、ヤバかった(笑)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image