Googleから消滅 (PC )

以下、サイト管理者としての備忘録です。

みなさん、ネットの検索には何を使われてますか?
ネット黎明期で言えば、検索と言えばYahoo!でした。
ただ登録制であったため、検索しても登録申請していないサイトは抽出されない、と言う代物でした。
その後、ロボット検索というものが現れます。
ネット上のサイトをくまなく自動巡回するため登録申請は不要。

このロボット検索をするサイトは、Googleやinfoseek、エキサイト、フレッショアイなどいろいろありましたが、現在はGoogleYahoo!MSNのほぼ3大検索サイトに集約されました。
Googleって聞いたことないなぁ、って方、Yahoo!MSN以外の検索サイトのほとんどがGoogleの検索エンジンを使ってると思って結構です。

σ(^^)もメインはGooleを使っています。
だがしかし・・・今年に入ってからGoogleでこのサイトが検索できなくなりました。
ためしに「btones」とGooleで検索してみてください。
当サイトへリンクを張ってくれているサイトばかりが抽出されます。

Yahoo!MSNでは問題なく抽出されるんですが、自分が通常使っている検索エンジンで引っかからないのは気分が悪い。
そこでいろいろ原因を調査。
まず、Googleは動的サイトを嫌う、と言う情報を入手。
動的サイトというのは、URLの最後にパラメータを付けるようなサイトのこと。
たとえば、うちのサイトで言えば、
http://u1kuni.s55.xrea.com/index.php?categ=1
がBLOGのトップページになりますが、この最後の”?categ=1″がパラメータになります。
これを静的サイトに見せかけるため、以下のサイトを参照し当サイトを4月頃に修正。

<SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine>
http://exam.su-jine.com/path_info/path/info.html

<FilesMatch “^path_info$”>
ForceType application/x-httpd-php
</FilesMatch>

と記載した.htaccessをルートに作成。
index.phpのファイル名をpath_infoに変更。

結果、先ほどのBLOGのトップページは、
http://u1kuni.s55.xrea.com/path_info/categ/1/
となり、パラメータのない静的サイトに化けます。

そして結果は…1ヶ月たっても、2ヶ月たってもGoogleでは抽出できず。
う〜ん、これはどうしたことだ。
当サイトを置いてあるサーバに問題があるのでは?といろいろ調べたところ、驚愕の事実を発見(*_*)

<節約・内職情報検索局>
http://prlimit.nobody.jp/spam_xrea.htm

当サイトを置いてあるXREAサブドメインのサイトが、ことごとくGoogleインデックスから意図的に削除されているとのこと。
Googleのサポートページにも書かれているんですが、検索エンジンをあざむく行為があった場合、インデックスから永久に追放されるとのこと。

Google Web マスター関連情報>
http://www.Google.com/webmasters/2.html#B3

XREAサブドメインの一部のサイトでスパム行為があり、Googleがインデックスから削除した可能性が出てきた。
ただ、Google側の技術的なミスから起因していることも否めない。
インデックスは4週間のスパンで更新されるため、しばらくは様子を見るつもり。

最悪、また引っ越しの可能性も…ただ、そこまでしてネットに繋がるべきかはいささか疑問ですが(^.^;

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image