田植えに挑戦! (ι )

田植えのお手伝いは今年で2年目。
昨年は風が強く、ちょっと肌寒かったのですが、今年は快晴。
気温も暖かく、絶好の田植え日和。

昨年は主に苗箱運びと、空いた苗箱洗いに従事したのですが、今年はなんと田植機を運転させてもらうことに(*_*)。
これはなかなか味わえない経験。
農家ではないものの、米どころに育ったこともあって田んぼは身近な存在。
幼い頃から何気なく目にしていたあの田植機に乗れるなんて・・・と感激しつつ早速搭乗。

田植機はかのISEKI社製のPG-5という機種。
乗り込んで感じたのは、とにかくレバーが多いこと。
車のミッションに相当するレバー、速度可変用レバー、トルク可変レバー、そして植え付け部を上げ下ろすレバーなどなど。
これ以外にもありましたが、σ(^^)が把握しているのはこれだけ。
ペダルの方は、クラッチ、ブレーキ、アクセル。
アクセルは田んぼの中ではほとんど踏むことはなく、田んぼから上がるときなど、馬力が必要の時だけ使用。
また、クイックターン用のペダルが右折用、左折用の2つがありました。
これを踏むことで、急な小回りができるようになってるんだと思います(たぶん、後輪の片方がロックされるんだと思う)。

上の写真はσ(^^)です。
田植えで気をつけるべき点は、等間隔に苗を植えるため、とにかくまっすぐ進むこと。
田植機のサイドに線引き用の突起が付いていて、ターンしたとき、この引かれた線が車体中央にくるように進めば、等間隔に苗が植えられるようになっています。
ただ、地面はぬかるんだ泥のため、ハンドルがとられないよう気を遣う必要あり。

田植えをしていると、見知らぬ犬が・・・。
うちのリュウよりちょっと大きめ。
かなり人なつっこく、しばらくの間、付きまとわれました(^-^;)

1日だけのお手伝いも無事終了。
今回は田んぼ1枚だけ田植えをさせてもらったけど、来年は2、3枚ぐらいはやりたいなぁ・・・でも操作を覚えてられるかな(^-^;)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image