越前蒸菓子 (雑記 )

越前蒸菓子と言っても、越前と縁もゆかりもないであろうケーキ菓子。
ただ、そのネーミングが面白い。
すべて福井弁が名前になっているのだ。

もちろんお味も◎。
どれもスポンジは柔らかく、その中にはたっぷりのクリームが…甘い物好きにはたまらない!


おぼこい(日本語訳:かわいらしい)。
中にはカスタードクリームが入っている。
このシリーズの中で一番お好みかも。


かたいけの(日本語訳:お元気ですか?)。
中身はあずきとホイップクリームのミックス。


てなわん(日本語訳:脱帽、しっかりもの)。
中身はカスタードと小倉のミックス。


だんね(日本語訳:別に構いませんよ)。
中身はオレンジピール入りカスタード。


おもいでな(日本語訳:あ〜満足…)。
中身はクリーミーなチョコレート。

隣県でありながら、ほとんど解読不能だ…^^;

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


2 Responses to “越前蒸菓子 (雑記 )”

  1. 柿ちゃん より:

    地元に住んでいながら、嶺南と嶺北で方言が違うので・・・?と思うものもあります。

  2. kuni より:

    確かに、石川で言うと加賀と能登で違うし…同じ加賀地方でも通じない言葉も。

    でも、こういう方言も徐々に廃れていくんだろうなぁ。

コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image