[W-ZERO3]キーボード外れる (PC )

いつか来るんじゃないかと思っていたけど、まさか本当に外れるとは(*_*)
構造として、レールが表示部側に付いていて、キーボード側に付いたツメがこのレールに沿って可動するというもの。
今回はそのキーボード側のツメが外れたようだ。

一瞬修理に出そうかと思ったけど、以下のようなサイトを発見。
同じようなトラブルに見舞われた人がいたようで、自力で行った修理手順が詳細に掲載されている。

「W-ZERO3分解手順メモ。」
http://yuichis.homeip.net/?56

これは自分でやらなきゃいけないでしょ。
と言うことで、保証対象外への道に踏み出すことに…。

外れたツメにたどり着くまで、予想外に多くの部品を取り外すことになったが、思ったより簡単に出来た。
上記サイトに詳細な手順が掲載されていたおかげ。

上記写真の赤丸部分にキーボード側のツメを固定するビスが4本…でも、まともに付いていたのは1本だけ。
う〜ん、これは構造的欠陥ではないか。
シャープでは耐久試験は行っていないのだろうか。
せめて、ビス止めプラス両面テープで固定して欲しかったところ。

外れたビスを締め直し、W-ZERO3を復元…しかし、ここで事件が発生!
画面が写らない…(^-^;)
焦りつつ、またW-ZERO3を分解することに(>_<)。 どうも、表示部とキーボード部を繋ぐ、唯一の信号兼電源ケーブルが外れていたらしい。 ケーブルをシッカリ取り付け、再度W-ZERO3を復元。 今回は問題なく動作してくれた。 が、焦っていたこともあり、ビスを一本なめてしまった…ショック(^-^;) 今度、キーボードが外れた時はヤバイかも。 修理から数日経ったが、すでにキーボードがぐらつき始めているような…。 これは次期W-ZERO3が出たら、即買い換えだな(笑)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image