主なき犬小屋 (いぬ )

我が家の柴犬りゅうの犬小屋…いや、犬蔵の周りのオオデマリが白い花を咲かした。

4月1日、あの時のりゅうの寝顔は今でも忘れない。
でも、安らかだったのか、苦しんでいたのか…未だに分からない。
書かずにおこうと思っていたけれど、この満開の白い花を見て思い直した。
以前は何かとこのブログに登場してくれた柴犬りゅう。
たぶん、りゅうのことを書くのはこれが最後かな。

5月2日、我らがALFEE、坂崎さんのお父さんがなくなった。
今朝、あちこちのブログを読んでいて、その訃報をはじめて知った。
夏イベを利用し、坂崎さんの実家、坂崎商店をのぞいたことがある。
人のよさそうな、そして口の達者な元気なお父さんだった。
一緒に撮った写真は宝物になりそうだ。

犬蔵の周りのオオデマリ、例年にないぐらい満開になった。
まるで亡き主を偲んでるかのよう。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


2 Responses to “主なき犬小屋 (いぬ )”

  1. ひいろ より:

    寂しくなりましたね。
    大切な家族をなくのはとても辛い事ですね。
    でも、ずっとkuni君を見てきた彼はきっと幸せだったはず。
    だって、kuni君といっぱい楽しいことしたでしょ。
    きっといつかまたkuni君に会いにきてくれるはずです。
    それは、人か動物かはわからないけど。
    元気だしてくださいね。

  2. kuni より:

    休日の夕方になると「散歩行かなきゃ」、と言う気持ちがいまだに抜けきらないでいます。
    たかがペット、されどペット。
    りゅうの存在が、自分の生活の中でこれだけ占められていたのか、なんてことを、気づかされている今日このごろだったりします。

コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image