CINNAMON in 金沢 (雑記 )

ツェッペリンが金沢に上陸!!
ハードロックの開祖と言っても過言でない、あのレッドツェッペリンがなんと金沢でライブ。
世紀の瞬間を体験すべく、このライブに参加してきた。

時は2008年11月22日、場所は金沢AZホール。
プレミアチケットは3,500円…ん?安すぎ?

派手な書き出しで始めたが、本物が来るわけもなく(当たり前)、彼らのコピバンの話である。
バンド名は「CINNAMON(シナモン)」。
国内ツェッペリンコピバンの中で一、二を争う存在だ。

詳しいことは、ファンサイトがあるのでこちらを参照のこと。
http://www.fiberbit.net/user/stairway-cin/

AZホールに行くと、会場内にはパイプイスと簡易的なテーブルが並べられていた。
30脚ほどか。
最初のうちはまばらだった会場も、最後には立ち見も出る盛況ぶりだった。

何の予備知識もなく参加したσ(^^)。
まず驚いたのはステージ上に立つメンバーの高齢ぶり^^;
う〜ん、まず50代は間違いない。
下手をするとその上をいってる?

しかし、そんな容姿を裏切るかのように、むちゃくちゃ熱いライブを展開してくれた。
さすが日本が誇るツェッペリンのコピバン。

ライブは19時から21時の2時間!
途中10分の休憩はあったが、ほぼぶッ通しだ。
なんという体力。

ベースとドラムの方は至って普通の衣装。
家に帰れば優しいおじいちゃん、って感じなのだが、ロバート・プラントとジミー・ペイジの衣装はスゴイ!
本家同様のロングヘアはもちろん地毛。
う〜ん、普段どんな生活をしてるんだろう??

チケットには「究極のレッドツェッペリン完全再現ライブ!」との記載がある。
残念ながらσ(^^)はコアなツェッペリンファンではないのだが、同行者によれば弾き方、歌い方、何気ない仕草、細部にわたって本家を再現しているらしい。
ある意味、コピバンの究極の姿を見た気がする。

同行者曰わく彼らは名古屋の方らしく、毎年この時期、金沢でライブに来るらしい。
是非、来年も参加することにしよう。

写真はCINNAMONのライブでしか販売されない、特製ペットボトル。


記念に持ち帰った(^-^)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image