ヒトラーの贋札 (映画 )

「第二次世界大戦中のドイツ。
ユダヤ人のサリーは、まだ迫害の進んでいない町で、ドイツ人への高利貸で悠々時的に暮らしていた。
しかし、彼は世界的な贋作師で、貸しているお金もすべて彼による贋札だった。
ある日、贋札作りがばれてしまい逮捕されたサリーは、ユダヤ人収容所へ送られるのだが…。」

「おくりびと」が外国語映画賞を受賞した前年のアカデミー賞で同賞を受賞した作品。
否が応にも期待せずにはいられません…しかしよくあることだが今回も裏切られました。

“ベルンハルト作戦”という贋札で敵国を経済面で揺さぶる、と言う史実を知った収穫はあったものの、それ以外に観る価値があったかと言うと…。

自分の命は大事だが、同胞を苦しめるナチスに協力したくない。
贋札づくりを強いられたユダヤの人たちの葛藤とか、ナチスとの鬼気迫る駆け引きもなく、映画は淡々と語るのみ。
そういうサスペンス性はまったくの皆無。

一方、人物描写も至って淡泊。
贋作師と言ういわば犯罪者である主人公サリーだが、収容所では仲間をいたわるいい人に。
なぜ?
こんなブレた人物描写じゃ感情移入できるわけもなく…。
上映時間が短かったのものあるんだろうか、映画と言うよりはテレビドラマ的な印象を受けた。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image