ニューオーリンズ・トライアル (映画 )

アメリカ映画には裁判を扱った作品が結構多く、ひとつのジャンルを確立してる。 個人的に印象に残ってるのは、リチャード・ギア主演の「真実の行方」、クリスチャン・スレイター、ケビン・ベーコン主演の「告発」。 どちらも傑作中の傑 […]




月のひつじ (映画 )

年末年始、HDDレコーダに溜まっていた映画をいくつか消化したので、立て続けに感想文などを書き連ねたいと思います。 まず初めは、2000年公開のオーストラリア映画「月のひつじ」。 オーストラリア映画と言えば、「マッドマック […]




No Direction Home (映画 )

3時間30分と言う長丁場の番組だったけど、飽きることなく見た。 ALFEEファンにとっては、アコースティックライブアルバム「CONFFIDENCE」の一曲目に収録された「風に吹かれて(Blowin’ in t […]




大停電の夜に (映画 )

クリスマス・イブの夕暮れ時。 空から人工衛星の一部が落下し、東京への送電線が切断される。 光あふれる大都市が一瞬にして暗闇と化した。 路地裏でジャズバーを営むマスターと、ロウソク屋の女店主。 愛人のもとへ向かうサラリーマ […]




私の頭の中の消しゴム (映画 )

数年前までかなりの試写会マニアで、その手の募集があれば片っ端から応募していた。 話題作だとなかなか当たらないんだけど、そうでない作品はかなりの確率で当たる。 月に3本もの試写会に当選したこともあった。 試写会の魅力は、一 […]




いま、会いにゆきます (映画 )

あまり好きになれないなぁ、って言う俳優さんや女優さんがたまにいる。 演技が嫌ってのもあるんだけど、ぱっと見でちょっと・・・って場合も。 竹内結子さんもその一人で、出演作をじっくり見たのは今回が初めて。 ぱっと見好きになれ […]




レッド・バイオリン (映画 )

下手の横好きと言いましょうか、力量がないもののギターを数本持っています。 そのうち2本が中古。 このサイトのタイトルバックになっている師匠モデルのギター、ANGEL Classic Jr.もその一本。 ESP渋谷店で一目 […]




チャーリーとチョコレート工場 (映画 )

少子化問題が叫ばれて久しいが、そんな少なくなった子供たちの中で子供らしい子供も少なくなったような。 悪賢いというか、大人びてるというか…。 この映画はそんな悪○キどもを懲らしめるという作品(^^;) 貧しいながらも家族と […]




クジラの島の少女 (映画 )

若者の都会への傾倒は全世界共通のようだ。 飽食と退廃の甘いささやきが、自然豊かなニュージーランドのとある村まで蝕みつつあるとは・・・。 クジラに乗った勇者バイケアがこの島にたどり着いたのが一族の始まりという伝説を語り継ぐ […]




めぐりあう時間たち (映画 )

2003年 アメリカ作品 久々にいい映画を見ました。 と言っても、映画館ではなく、テレビでの鑑賞なんですが。 イギリス人作家ヴァージニア・ウルフの著作『ダロウェイ夫人』がベースになってるらしいんだけど、文芸作品はおろか小 […]