映画「偉大なる、しゅららぼん」を観て

意外にも、というのは失礼だが、面白い映画だった。 題名の「しゅららぼん」からして、意味不明だが、ストーリーも奇抜。 でも、置いていかれることなく、グイグイと引き込まれた。 話は、神話の時代、琵琶湖の神から力を授けられた2 […]




映画「パーマネント野ばら」を観て

いつもどおり予備知識もないまま鑑賞。 「パーマネント?」、美容師の話か? いやいや、その「パーマネント野ばら」の一人娘のお話でした。 舞台は寂れた漁村。 そこに一軒だけある美容院が「野ばら」。 都市の華やかさから隔絶され […]




映画「セトウツミ」を観て

大阪弁だから面白いのか、面白い奴が大阪弁をしゃべるのか。 いまやお笑いの代名詞となり、日本で一番親しまれている方言、大阪弁のキャッチボールを全面に、いやそれ以外にはなにもない、それだけの映画だ。 よくもまぁ、これを映画に […]




映画「あやしい彼女」を観て

うーん、ヒロインがもうちょっとチャーミングだったらなあ。 面白いテーマだけに残念。 多部未華子がこの役やっちゃうと、ただの性格の悪いオネエチャンになっちゃって、好感が持てない。 口は悪いけど、憎めないほど可愛い、って言う […]




映画「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」を観て

なかなか味のある映画だった。 40年暮らしきた部屋を売りに出してから数日間、老夫婦の間で起きる些細な出来事を淡々と描いる。 売りに出した部屋は、主人公の二人が結婚して暮らし始めた、思い出深い場所だ。 慣れしたんだ景色が、 […]




映画「ロブスター」を観て

気が滅入ってるときに、気晴らしにと思ってみたら、さらに気が滅入ってしまった映画。 ストーリーはかなり荒唐無稽だ。 独身は犯罪。ひとりで町を歩いていると、独身でないかと疑われ、警察に職務質問されるという世界。 では、独身の […]




映画「グランドフィナーレ」を観て

巨匠と呼ばれる、初老の二人が主人公。 舞台は高級老人ホーム?いや、若い住人もいる。 どうもリゾートホテルであることに途中から気づく。 なにせ冒頭、お年寄りばかり登場するものだから。 リタイアしたセレブが、老後の余暇におと […]




映画「幸せをつかむ歌」を観て

仰々しいタイトルがついていますが、ストーリー展開もありがち、特別な感動もない作品だ。 この映画の見所は何と言ってもメリル・ストリープのロッカーぶりだろう。 彼女のこれまでの出演作を観ていないと、この映画での変貌ぶりに感動 […]




映画「リンカーン」を観て

歴史物の映画は当たり外れが大きい。 特に邦画の場合、ほぼ外れ…いや当たりにであったことがない。 史実を追うばかりで、ドラマ性や娯楽性なんてどこへやら。 にも関わらず、そんな映画を見てしまうのは、深層的な歴史好きから来るん […]




映画「あの頃、君を追いかけた」を観て

以前見た「台北の朝、僕は恋をする」がむちゃくちゃ良かったので、台湾映画に対するσ(^^)の評価は非常に高い。 今回も期待大で観たものの、残念ながら、さほど琴線に触れることなはなかった。 優等生の女子と出来損ないの男子 ↓ […]