b-mobileのtalkingSIMからFairへ乗り換え

半年近く、b-mobileのtalkingSIMを利用していたけど、ついに乗り換えた。
やはり、300Kと言う縛りはキツかった…。
無料通話20分つき、パケット無制限で月額3,960円!
抜本的な財政改革を模索してるσ(^^)にとっては魅力的なプラン。
ただ通信速度は下り300k。
回線はFOMAなので、公称7.2Mを1/30に削ってのサービスになる。
iPhone3GSの前は、WILLCOM、つまりPHS回線で初期W-ZERO3を長々と使っていた。
そのときは公称200kの速度だったが、不満なく使っていた。
今回は+100kの300k、かつ端末の処理速度も格段に上がってる。
きっとストレスなく使えるはず!

■「誤算」
思いたったら即行動しないと気が済まない性分のσ(^^)は、すぐにSoftbankを解約し、b-mobileのtalkingSIMを購入した。
がしかし…σ(^^)のもくろみはあえなくハズレてしまった。

ストレスなく使えると見込んでいた300kだったが、やはり遅い!
結局のところ、W-ZERO3時代に比べ、端末でできること、やりたいことが増えてしまってるのだ。
メールやブログ程度、と思っても、マップを使いたいときもある、ネットラジオを聴きたいときもある、ちょっとした画像やFlashの入ったサイトを見たいときもある。
talkingSIMの回線速度云々より、iPhone3GSと過ごした一年間で、いろいろと味をしめたんだろうなぁ。

■「模索」
では、どうしよ?
今更、しがらみの多い三大キャリアに戻る気にもなれず。
折しも、b-mobileからFairと呼ぶサービスが開始された。
通話はできないものの、FOMA7.2Mをフルフル使える。
120日間、データ量1GBと言う上限付きだが一万円弱と言う価格設定もσ(^^)には魅力的だった。

だが、このFairと言うサービスでは通話ができない。
いろいろ悩んだあげく、二つ持ちという必然的な解を導いた。
正直、この二つ持ちだけは避けたかった。
とにかく面倒くさい。
その昔、ソニーのPDA、CLIEを愛用してたとき、これで電話やメールが出きればなぁ、と常々思っていた。
二つ持ちとは、云わばその時代に逆行することを意味するも同然なのだが、いまのσ(^^)にはこれ以外の選択肢はなかったのだ。

■決着
携帯はSoftbankにした。
どのキャリアも最安プランは同額だったので、docomo、auでも良かったが、家族がSoftbankということで同キャリアをチョイスした。
初期投資を抑えたかったため、端末は中古でゲットした。
通話しかしないので、多機能は不要だったが、二つ持ちでかさばらないことを考慮し、薄型ストレートタイプのものを物色した。
結果、2008年モデルで薄さ8.9mmの822Pと言うものを購入した。
Bluetooth搭載と言うことで、何かあれば役に立ちそうだ。

プランの方は、ホワイトプランでまったくオプションを付けずに契約した。
これで、月額980円。

Fairの方は、b-mobileのオンラインショップだと9,800円、Amazonだとなぜか8,908円だったので、微々たるものだが迷うことなくAmazonで購入した。

さて、これでトータル月額がいくらになるかというと、最低で980円+8,909円÷4ヶ月=3,207円となる。
あくまで、データ通信は120日間フルフルで使い、通話は家族のみ、と言う条件付だが、talkingSIMの月額3,960円を下回る価格でFOMAの7.2Mを使えるなんて超お買い得!

Fairを購入して気づいたのだが、チャージ額は購入額より安くなり8,350円とのこと。
これでいくと月額は3067.5円!

Fairを手持ちのAndroid機に差し利用してから、1ヶ月ほど経つが通信品質はまずまず。
詳しい使用感は、Fairをチャージする時期になったら、また書こうと思う。
しかし、二つ持ちはやはり不便…こちらの方も何か工夫したいところだが…。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


5 Responses to “b-mobileのtalkingSIMからFairへ乗り換え”

  1. spamania より:

    こんにちは。はじめまして。
    b-mobileからの情報ですが、talkingSIM Fairを検討中だそうです。
    まだ開始時期とか料金とかは決定していないようです。
    おそらくイオンの980円SIMが落ち着いてからだとは思いますが。

    iPhytter for androidというのがもうすぐ出ます。
    通話料はひかり電話より安く、03もしくは050の番号は月額400円程度で取得できます。

    あとは050plusとかBluesipとかモバイルIPフォンとかをからめて1台持ちにすることもできますね。

    オススメはfair+iPhytter+Viber for Androidですね。

  2. kuni より:

    貴重な情報ありがとうございますっ!

    b-mobileもいろいろ仕掛けてきますね。
    今後が楽しみ。

    モバイルIPフォンはノーチェックでした。
    いろいろなサービスがあるようで、ここらへんも今後の検討事項になりそう。

  3. 本日8/10よりtalking SIM U300からtalking Fair(Fair+通話)へのサービス変更の受付がはじまりましたので、ご検討ください。
    http://www.bmobile.ne.jp/sim_tf/index.html

  4. kuni より:

    talking Fairはすでにチェック済みです。
    σ(^^)には待ちに待ったサービスなんですが、ソフトバンクのホワイトプランを契約してしまったため、当面talking Fairへ移行できません(泣)
    貧乏人にとって、違約金9,800円はデカい!

  5. […] 以前の記事「b-mobileのtalkingSIMからFairへ乗り換え」で書いたが、B-mobile Fairを挿したAndroid機とは別に、通話用としてガラケー(Softbank 822P)を購入し、二つ持ち生活に挑んでみた。 先の記事に […]

コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image