映画「箱入り息子の恋」を観て

欠点ばかりの男と障害を持った女のラブストーリー。
と言ってしまうと、かなり深刻な内容を思い浮かべそうだけど、作品はいたって軽いラブコメ。
むちゃくちゃ笑えるってとこはなく、淡々とストーリーが進んでいく感じだ。
公開当時、高評価のレビューをよく見かけたので、期待度満点だったのだが、正直なところそれほどなかった。

初々しくて、ぎこちない二人のデートシーンが微笑ましかったなぁ。
あえて言うなら、この辺がこの映画の見どころ。
「恋をするならブザマであれ!」、そんなメッセージを痛烈に感じた。
今どきの草食系男子、見たほうがいいよ。

主役の女性、見たことない女優さん。
新人か?と思いきや、エンドロールで夏帆の名前を発見。
なんかすっかり変っちゃったね。
あまりテレビみないから、以前彼女を見たのが何年前かわからないけど、ほとんど別人。
女性って変わるもんだなぁ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image