映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観て

やっと観れた。

公開前からチェックしつつ見逃してしまった、こう言う作品が山のようにあるが、なかなか消化できない今日この頃。

 

いや~これは劇場で観たかった。

大画面+大音量で観たら、鑑賞後はスカッとした気分なったろうなぁ。

同一監督ということはあるものの、40年前のイメージをしっかり残しつつ、近年の映像技術でしっかりパワーアップ。

40年ものブランクがありながら、である。

 

ただ、マックスの影が薄かったなぁ。

女大隊長フュリオサのキャラが際立ちすぎて、誰が主役だ?と思ってしまうほど。

あとで確認したところ、シャリーズ・セロンとのこと。

この人は、作品ごとに化けるなぁ(汗)

 

 

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image