映画「シング・ストリート 未来へのうた」を観て

高校生が、一目惚れした女の子の気を惹くため、急造バンドを組んで…というありがち青春映画だ。

ときは80代のアイルランド。

劇中に流れるのは、デュラン・デュラン、A-ha、カルチャークラブなどなど。

いや~懐かしい。

そうか、この主人公と同じように、自分もこの時代を生きたんだ。

ちょうど、MTVが盛り上がってきた時代ということで、主人公たちのバンドはライブなんかより、自作でミュージックビデオ作りに腐心する。

これも時代を感じさせるし、その手作り感がなんとも微笑ましい(^ ^)

主人公たちが作りオリジナル曲も、当時のミュージックシーンを思い起こさせる曲調で、こちらもグッド!

青春映画にありがちな展開ではあるものの、記憶の隅に埋もれていたものを、否応なく引きずり出した、なんともノスタルジックな映画だった。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image