なつかしのコピバン祭 (雑記 )

9月25日(日)。
ザ・ぶとんずの定例スタジオ練習を終え、金沢は円光寺にあるライブハウス「Minichael’s Cafe」に向う。
この日、同ライブハウスで「なつかしのコピバン祭」と銘打たれたライブがあることをネットで知り、足を運んだ次第。
知りあいが出てる訳でもないので、ちょっと気がひけたものの、我がザ・ぶとんずもコピバンのはしくれ、同じ県内のコピバンレベルを知りたいが一心でライブハウスに向かった。

19時開演のところ、晩ご飯を食べてから向かったため、ライブハウスに到着したのは20時近く。
10台分ほどの駐車場は既にいっぱい。
かなり盛況の模様。

通用口のような所から中に入ると、何故か出待ちのバンドメンバーに出食わす。
入口を間違えたかと思ったが、どうもお客用の入口とメンバーの登場口が兼用となっているらしい。

500円(1ドリンク付き)を払い、中へ入ると満員御礼状態!
もう、入り込むすき間もないところをかき分け、カウンタ近くに場所をとる。
よっぽど人気のあるバンドが出てるのだろう。
ライブハウスはさほど広くはないが、ザ・ぶとんずがコスモアイルでやったライブ時より人が多いかも(^^;

σ(^^)が入った時に演奏していたのは、JIMMYと言うバンド。
最初、洋楽かなと思ったのだが、どうもZIGGYのコピバンらしい。
申し訳ないが最後に演奏した「グロリア」しか分からなかった(^^;

この後に登場のSOLITAIRE 05はラウドネスのコピバン。
てっきり、ツェッペリンとはディープパープルなどの洋楽コピバンを予想していたのだが、この日の出演バンドはどうも日本の80年代のコピバンが主体だった模様。
JIMMYの前には、BOΦWY、イエローモンキーのコピバンが演奏していたらしい。
正確には80年代後半ってとこか。

出演バンドのメンバーはσ(^^)よりやや若い感じ。
コピバンのライブでも、これだけのお客さんが訪れていることにビックリさせられるとともに、ちょっと勇気づけられた。
もちろん、出演バンドの地道な?活動によるものだと思うが。

無性にライブがやりたくなったぞ〜!

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image