東アジア選手権 日本×北朝鮮 (サッカー )

日本 0-1 北朝鮮

どう考えても負ける相手ではありません。
いや、負けちゃいけない試合でした。

序盤、ゴール前でスピーディな球まわしが見られ、「お、今日は見ごたえがありそう」と思ったのも束の間、不用意なミスの連続;
小笠原のパスミス、中澤のクリアミスからの失点。
このシーン、正直、開いた口が塞がりませんでした。
コンフェデで覚醒したかに見えた加地も、以前の消極的プレーに逆戻り。
三都主は相変わらずのボールの持ち過ぎ。北朝鮮にも通用しなくなったドリブル…。

今回の試合、かなり期待をしていたんですよ。
リーグで実際に結果を出している選手がかなり招集されていたので。
でも、蓋を開けてみれば代りばえのしないスタメン。
ま、予想はしてたんですが。

まるでこないだのキリンカップのような試合。
モチベーションの高めかたが下手なのか、中田のように口うるさい選手がいないと弛んでしまうのか。
目も当てられない試合でした。

これがメンバー刷新のトリガーになってくれればいいんですが。
さて、8月3日の中国戦、ジーコはどんなスタメンでのぞむんでしょうか?

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image