能登、桜巡り (ι )


快晴の週末、花見のため能登へ行ってきました。
まずは町内に多数の桜の名所がある宝達志水町。
写真は1000本の桜が植樹されている白虎山公園。


毎年この時期「志乎・桜まつり」が行われているのですが、日にちを間違えたようでお祭りの前日だったらしい(^.^;
ごらんのように特設された駐車場はガランとしてました。


次に訪れたのは、能登さくら駅の愛称で知られる穴水町にある能登鹿島駅。


線路の両脇に桜が満開!まさに桜のトンネル。


時間を合わせて向かったわけじゃないんですが、丁度のと鉄道の列車が到着。
快晴のこの日に合わせたかのような、綺麗なブルーの車両。
見物客はたくさんなのに乗車客はまばら(^.^;


駅は海のそばにあり、桜越しに真っ青な海が望めました。
ちょっと気の早い鯉のぼりも(笑)


海側から撮った駅。
駅周辺だけがピンク色。普段は寂しいだろうこの無人駅も桜の季節だけは輝いていました。


帰りは七尾市街を抜けて氷見へ。
空のブルーと海のブルーが競い合ってるかのような景色を望むことができました。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image