いさざの躍り食い (雑記 )

春を告げる魚”いさざ”。
家族が大量に購入してきた。

能登地方では、この時期、産卵のため遡上してきた”いさざ”の漁がさかんとなる。
漁と言っても、大きな網ですくうだけなのだが。

いろいろ料理法はあるのだろうが、”いさざ”と言えば躍り食い。
中学の頃、婆ちゃんに騙されて(笑)食べた以来かも。

ちょっと、お腹の調子が芳しくなかったので、5匹だけポン酢でいただく。
残酷だけど、噛んだ時のコリコリした食感がたまらない。

残った”いさざ”はみそ汁とかき揚げで頂いた。
一足早く春を味わった気分。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image