灼熱のJR松任工場 (雑記 )

昨日の炎天下のもと、JR松任工場の一般公開へ行ってきた。
正確には金沢総合車両所と言うらしいが、そもそも金沢ではなく白山市(旧松任市)にあったりする。
ウケが良いのか石川県内では、住所に関係なく金沢が付く施設が多い。
金沢脳神経外科病院、金沢医科大学、金沢工業大学…いずれも住所は金沢ではない。

話を元に戻して、車両所の一般公開だ。
σ(^^)自身、鉄道マニアと言うわけではなのだが、2歳のジュニアが喜ぶかなぁ、と思い、足を運んだ次第。
しかし、まだ早すぎたんだろうなぁ、ジュニアはなんのことやら??と言った表情…トホホ。
ジュニアより、同行した3歳の甥っ子が意外に気に入ってくれたようで、整備中のサンダーバードを指さしながら、オジであるσ(^^)にいろいろと語ってくれたが…そのほとんどは理解不能だった(^.^;

整備中のサンダーバード。
建物の中に列車がある、ってなんか不思議な光景だ。

こちらはラッセル車。
丁度、車両前方に取り付けられたプレートを開閉する実演が行われていた。

こちらもサンダーバード。
家族連れも多かったが、鉄ちゃんらしき人も多かったなぁ。

こちらはミニSL。
唯一ジュニアが楽しんでたかなぁ。
運転ルートは50mほどの直線を往復するのみと、あっさりしたルートだ。
敷地が広いんだから、どこか一周させても良かったのでは?

ネットでいろいろ調べたが、同車両所は元々金沢駅近くにあったらしく、1935年に今の場所に移転したらしい。
75年の歴史かぁ…確かに年季の入った工場だった。
冷房設備はもちろんなく、ところどころに扇風機が置かれているのみ。
この扇風機も一般公開のため誂えられたんじゃないかなぁ。
従業員のみなさま、暑い中ご苦労様です。
たぶんσ(^^)ならぶっ倒れてるよ。

より大きな地図で 金沢総合車両所 を表示

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image