先代のXPより短命なVista

職場のパソコンのOSはWindowsXP。
たぶん、未だXPを標準としている会社は多いはず。
そんなXPもまもなくサポートが切れると言うことで、OSアップデートのお達しが全社的にあった。
じゃあ、他のWindowsのサポート期限は?と調べてみると、なんと驚愕の事実が(+_+)

XPの後継、Vistaのサポートは2012年4月で終了だとっ!!

先代XPは2014年4月までサポートが続くというのに、後継が先に逝っちゃうのか!?
たかがサポート、と言いたいところだけど、セキュリティホールが新たに見つかっても、Vistaに関しては放置状態ってことになる。
ネットという荒波の中で、穴を開けっぴろげで航海するわけにも行かず。

たぶん、ウィルスチェックソフトの方も対象OSから外してくるだろうし。
実際、σ(^^)が愛用しているウィルスバスターにも、明記はされていないものの、以下のような注意書きがあるし。

*動作環境(システム要件)に記載されているOSの種類やメモリ容量、ハードディスク容量などは、OSのサポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。

我が家のノートパソコンが、当のVistaマシンになる。
選択肢としては、Windows7へのアップグレードってのがまず思い浮かぶけど、Windows8のリリースが今年中って話もあるし、この時期に7にするのもなぁ。

Linux入れちゃおうか、なんて事も考えたけど、結局、遊んでるデスクトップのXPをノートパソコンに移し替えることにした。
Windows8がリリースされるまで、これでしのぐことにしよう。

やれやれ、マイクロソフト(^-^;)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image