映画「塔の上のラプンツェル」を観て

体に不釣り合いな大きな顔、そしてその顔からこぼれ落ちそうな大きな瞳。
2Dのアニメなら違和感ないだろうが、CGで描かれると不気味だ。
実写なみの仕草のリアルさは、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムを思い起こさせた。

第一印象が悪い中、鑑賞を始めたディズニーのCGアニメだが、物語の進むにつれ、登場人物同様、魔法にでもかかったのだろうか、キャラクターがみなキュートに見えてきた。
ストーリーは至って単純。
おとぎ話の王道どおり、プリンセスと白馬に乗った騎士(実際は盗賊だが)が出会い、そして魔女を倒し、ハッピーエンド。
この作品で特筆すべきは、CGならでは、CGだからこそのスペクタクルな映像だろう。
従来の2Dなディズニーアニメでもその疾走感はかなりのものだが、CGでも衰え知らずと行ったところ。
気軽に楽しい映画を観たい、という時には打って付けの作品だと思う。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image