息子のはじめてのガンプラ

ガンダムUCを観ていたところ、5歳の息子が食いついてきた。
やはり、順序を踏まないと、と思い、ファーストガンダムの劇場版を見せたところ、かなりはまってしまったようだ。
血は争えん。

「認めたくないものだな。”遺伝”ゆえの過ちというものを…」

ガンプラブーム世代のσ(^^)としては嬉しい限り。
「あれ、なんてモビルスーツ?」「ドムはいつ出てくるの?」
根掘り葉掘り聞いてくる息子の質問に、遠い記憶を辿りながら答える43歳のパパ。

嬉しくなったパパは、ガンプラを息子に買い与えることにした。
店頭で旧ザクを手にした息子。
しかし、パパは、ジオン軍から入るのは教育上好ましくないと判断し、HGのファーストガンダムに変えさせた。

写真 2013-12-01 18 01 30

今時のガンプラはすごい。
σ(^^)がはまっていた頃の1/144スケールは300円ほどだったが、今のHGシリーズはその6倍の値段。
しかし、それだけの価値はあり、パーツがほぼ色分けされているうえ、接着剤不要ときている。

組み立て図が理解できずにいた息子だったが、パパはほとんどノータッチ。
このパーツとこのパーツを切って、付け合わせて、と指示するのみ。
ニッパの使う手も危なっかしかったが(^^;)

写真 2013-12-10 20 38 41

2日ほどで完成!
5歳の息子、生まれて初めてのガンプラである。
スミイレとつや消しのトップコーティングだけはパパの仕事。
いや~、カッコイイ。
息子より、パパの方が気に入ってしまったかも(笑)

ガンプラ熱が再燃したのか、自分でも作りたくなってきたぞ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image