映画「ウォルト・ディズニーの約束」を観て

なかなか良質な映画でした。
タイトルにあるウォルト・ディズニーが主役ではなく、ディズニー映画「メリーポピンズ」の原作者パメラ・トラヴァースが主役。
原題も「Saving Mr.Banks」と「メリー・ポピンズ」の登場人物がタイトルとなっている。
邦題としては、”ディズニー”と言うキーワードを含めるのは無難なところか。
でも、主役はあくまでパメラ。いわゆる釣りタイトルだなぁ(^^;)

パメラが書いた童話「メリーポピンズ」映画化までのゴタゴタが描かれている。
メリーポピンズ・・・なんとなく知っているものの、ちゃんと鑑賞したことがない。
しかし、そんなσ(^^)でも十分楽しめた。
と言うもの、映画化を機にパメラの脳裏に蘇る少女時代の記憶、家族との日々が並行して描かれ、「メリーポピンズ」の制作秘話と言うより、ある童話作家の回顧録として楽しめたから。

パメラは童話作家だが、かなり偏屈なオバサン(^^;)
ホテルの部屋に飾られたディズニーキャラクターのぬいぐるみをすべてクローゼットに押し込んだり、梨の実を部屋の外に放り投げたり。
夢見る少女だったパメラがなぜこんなになっちゃったの?
並行して語られる少女時代のエピソードから、徐々に彼女の奇行の理由が明らかになっていく。

少女時代のパメラ役の子が良い演技してるんだよなぁ。
パパっ子だったパメラ。夢見がちなのもパパ譲り。
一方で現実の厳しさ、理不尽さを気づかせたのもパパ。
こういう家族ネタ、今のσ(^^)にはストライクゾーンなんだよなぁ。

映画のラスト、完成した「メリーポピンズ」とオーバーラップする少女時代、パパとの乗馬シーンに思わずウルウル(T_T)
σ(^^)には娘はいませんが、娘さんのいるパパさんは号泣間違いなしの映画だと思います。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image