iPadでスマホへの通話を知る

XperiaとiPadの二重生活をしている。
自宅ではiPadを手元に置いてるものの、Xperiaは充電中でほとんど手元にない。
そこで困るのが、Xperiaへ通話があった時だ。
なんとか手元にあるiPadでXperiaへの通話を知ることはできないものか?

そこで見つけたのがIFTTTと言うアプリ。
IFTTTはWEBサービスを以前から知っていて、一時期、Facebook、Twitter、Wordpressの連携に使ったことがある。
今は使ってないけど。
そもそも、三者とも毛色が違ってて、すべての投稿が共有できるわけじゃないんだよね。
Twitterはその名の通りただのつぶやき。
ネットの川に言葉をたれ流すだけのモノ。
Facebookは、リアルでの人間性関係と一致するとこもあって、気を遣った投稿になってしまうし。
Wordpressはその中間ってとこ。

IFTTTの話に戻る。
同アプリにはAndroid版とiOS版があるから、双方をインストールしておけば、双方の連携が可能になるわけだ。

IFTTTの詳細は他のページに譲るが、設定画面のスクリーンショットだけアップしておこう。
不在着信のトリガーはAndroid Phone CallのAny phone call missedを選ぶ。
ほかにも特定番号のみをトリガーにすることも可能だ。
image

SMSの受信をトリガーとしたい場合はこれ。
Android SMSのAny new SMS recievedを選択。
こちらも番号や送信者を特定してトリガーにすることも可能。
image

そして、上記トリガーがあった時のアクションとして、iOS notificationsを選ぶ。
image

当然、iPad側でIFTTTに通知設定をしておく必要がある。
通知する内容も、送信者の名前や番号を設定することも可能だったりする。
image

これはなかなか便利だ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image