映画「本能寺ホテル」を観て

戦国時代へのタイムスリップする映画って多々ある。
タイムスリップ先が本能寺の変、前夜ってのもあったような気がする。
たぶん。
そんな手垢まみれの題材にあえて挑んだのが本作。

期待せずに見たのが良かったのか、なかなか面白い作品だった。

平穏で古風な本能寺ホテル、一方は血気高まる戦国の本能寺。
静と動、この対極的な舞台を、主人公が意図しないタイミングで行き来する。
このコントラスト感がなかなかいい。
そして、流されるままに毎日を過ごしている主人公が、織田信長と出会い少しづつ意識が変わっていくあたりも、ありがちではあるが、単なるタイムスリップ映画にとどめていなかった要因だった。

綾瀬はるか、女優としてあまり魅力は感じないのだが、こういうコメディにはハマるなぁ。
そして特筆すべきは、風間杜夫演じるホテルの支配人。
タイムスリップで気が動転する主人公を前に、淡々と職務をまっとうしようとする姿がなんとも滑稽だった。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image