スクリーンセーバー回避AHK

情報漏洩対策ということで、待機時間の2分で画面ロックすると言うセキュリティポリシーが、職場のパソコンに適用されることになった。
とは言うものの、業務上、長い文章を延々と読み続けることが多く、これを待機と検知されて、画面ロックされるのははなはだ迷惑。

それならばと、AutoHotkeyを使い、所定時間間隔でマウスカーソルを微動させることにしました。
コードはこんな感じ。

#Persistent

xpos:=0,ypos:=0
SetTimer, MovePointer, 24000
Return

MovePointer:
MouseGetPos, xpos, ypos
If (xpos = xpos0 and ypos = ypos0)
{
 MouseMove, % xpos + 1,% ypos + 1
 Return
}

; Otherwise:
xpos0 = % xpos
ypos0 = % ypos
Return
LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image