映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て

今週、休みをとり、やっと観てきた。

いや、映画鑑賞のために休みをとったわけではなく、用事が早々に終わったので、かねてより注目していた本作を観に行った次第。

SNSのネットワークが音楽つながりだからか、みなが一様にこの映画を観た観た、とつぶやき。ALFEEの坂崎も2回観たといい。

極めつけは、行きつけの床屋のマスターまで2回観たこと。そもそもマスターは日本のフォークを愛する人種なので、Queenにはまるとは意外だったのだ。

そして、東洋経済に本作の記事にALFEEの名があがったり。

「「ボヘミアン・ラプソディ」なぜ若者に人気?」
https://toyokeizai.net/articles/-/253276?fbclid=IwAR1I_PyNoX-IlKES2-u9FeIQYGoMFZqpE-FI26x20kJycwo6JYUvelZ1YD8

そんな包囲網の中、モヤモヤした日々が続いていたのだが、やっとそこから脱出することができた。

さて、感想だが、映画としては至ってシンプル。メンバーの運命的出会い、確執、解散の危機。バンドもの映画では手垢のついたプロットの連続だ。先もだいたい読める。

この映画で特筆すべきは、やはり音楽だろう。耳慣れたヒット曲の数々が、グッドタイミングでスクリーンを彩っていた。ストーリーを楽しむというより、ドラマが挿入されたライブに参加している感じだ。

ここで描かれるフレディは、世紀のパフォーマーというより、生い立ちや同性愛など劣等感に悩み続ける弱々しい人間。バンドデビューするれば、イメージどおりのフレディなのかと思いきや、弱々しさは加速するばかり。

世紀のパフォーマーが姿を現すのは映画の終盤。バンドエイドでのステージ。「伝説のチャンピオン」には無茶鳥肌がたった。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image