国際親善試合 ウクライナ×日本 (サッカー )

ウクライナ 1-0 日本

アウェーとは言え、ここまで不公平は審判は初めて見た。
もう、感じわる〜(- -メ)ム!。
神様もかなりお怒りの様子(^^;)。

それ以上に訳が分からなかったスタメン。
一体なんのための東欧遠征なの?
蓋を開けてみれば、かわり映えのしないメンバーが名を連ねる。
大久保や箕輪、そしてラトビア戦で活躍した松井さえいない。

ガラガラのわりに声援だけが響き渡るスタジアム。
冷たい雨が降りしきる中、試合が始まる。
ラトビア戦とは一転して、まったく機能しない前線。
中田英と中村だけが孤軍奮闘していた感じ。
一方、シェフチェンコのいないウクライナの方もツメが甘く、決定力に欠ける。

後半、中田浩二の退場、三都主の交代、村井、松井の投入で状況は一変。
それまで三都主が足かせとなっていたのか、駒野が積極的な上がりをみせ攻撃の起点となる。
松井もラトビア戦同様、運動量豊富なドリブルでウクライナの中盤を翻弄。

試合終了間際、不可解なPKで失点するも、終盤の試合展開にかすかな望みをつないだ感じ。
さて、ジーコはこの東欧遠征を通じて、どの選手を切り、どの選手を使うのだろうか。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image