北國大花火川北大会 (ι )

昼過ぎから降り始めた雨は夜になってもやまず。
いつもは手取川の堤防まで足を運ぶんだけど、雨でぬかるんでる可能性もあったため、やむなく堤防近くの道路で鑑賞。
雨にもかかわらず、周辺の道路は例年通りの渋滞。
会場の辰口橋まで延びたテールランプの列が、まるで仕掛け花火のよう。

先週の犀川の花火も良かったけど、こちらに比べたら花火の大きさが全然違う。
町なか開催と郊外開催の違いなんだろうなぁ。
高い建物のない大きな空に広がる、大きな花火。
いつみても爽快な気分になる。

雨でビショ濡れのりゅうも花火鑑賞。
でも、途中から丸くなって寝ちゃいました…;

手前の鉄塔との比較で分かるように、この大会の花火はむちゃくちゃ大きい。
雨ってのが残念だったけど、今年も感動させてくれました。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image