東アジア選手権 日本×中国 (サッカー )

日本 2-2 中国

北朝鮮戦の敗戦を受けて、スタメン刷新!
まさかジーコがここまでやるとは…。

そして蓋を開けてみると、なんともワクワクさせられる攻撃的なサッカーが展開。
阿部の精度の高いキックに、長身の巻が頭であわせ、こぼれ球を田中達也がシュート!
が、それも束の間、中国が先制点を。
あれだけ日本が攻めていたのに、まさか中国が先に決めるとは。
今日のスタメンは何とかやってくれるっ!と期待したものの、2点目が呆気なく入ってしまう。

長身ばかりの中国に対し、日本のディフェンスの高さが全然足りないのもあるんだけど、守備の連携がまずい。
やはり、ここら辺は急造チームの弊害か。
しかし、中国はチャンスを確実に決めてくる決定力があるなぁ〜。

後半、阿部の見事なFKのこぼれ球に茂庭が頭であわせゴール!
さすが阿部。自分の仕事をちゃんと果たしてくれた。

チャンスはあるものの、決めることのできなかった巻に代わりに大黒、玉田投入。
しかし、この巻って選手、サッカー選手とは思えない色白。
ミュージシャンと言われても通じそうな容貌だな(笑)

投入された大黒、玉田だが、まったく機能せず。
まるでスタメンかのような重い動き。
一体、この二人はどうしたんだ?

終盤、攻めあがらなければいけない時間帯にも関わらず、スロースピードで球をまわし続ける日本ディフェンス陣。
テレビのセルジオ越後もお怒り。

そんな中、弧軍奮闘していた田中達也がゴールを決めてくれた。
これは、周りの足が止まる中、一人フィールドを駆け回り続けた達也へのプレゼントと言うべきゴールだった。

結果は引き分け。
控えに甘んじていた選手から構成されるチームであることを考えると、まずまずの出来と言いたいところだけど、後半の内容が悪過ぎ。
特に今回のディフェンス陣はいただけません。
左サイドの村井に期待してたんだけど…、三都主の方がましだった。
出だし今野と駒野もよかったんだけど、後半から消えちゃってたかな。
前半飛ばし過ぎたのか。
でも、この二人は今後も期待できそう。
ユーティリティの駒野を左にってのもありかも。

今試合の収穫は田中達也と阿部。
韓国戦はこの二人をスタメンで使って欲しい〜。

田中 巻
  小笠原
駒野   加地
 阿部 福西
中澤 宮本 田中
   川口

こんな感じが希望。
小笠原は好きじゃないんだけど、現招集メンバーじゃやむを得ず。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image