国際親善試合 日本×スコットランド (サッカー )

日本 0−0 スコットランド

うわ〜、不完全燃焼な試合(^-^;)。
この親善試合の位置づけを考えると、この展開はやむなしなのかな。
モチベーションが高いのは、ドイツへ行けるかどうか、当落線上にある選手だけ。
内定者の方は、この時期の怪我は避けたい気持ちでいっぱいなはず。
実際、ブルガリア戦で負傷した村井は、W杯はおろか、今年のJリーグは棒にふってしまった。
そして、このスコットランド戦ではDFの要、中澤が負傷。
大事に至らなかったからヨカッタけど…。

ブルガリアを5−1で下したスコットランドだけに、どうなることやら、と心配したが、前半はほぼ互角、いや日本ペースで進んだ。
デカイ選手ばかりで、ゴール前の壁は高く、この日、先発の久保の目立った活躍はなかったが、遠藤、加地、そして小野が相手ゴールを脅かした。

しかし、後半、決定的なシーンは少なくなり、スコットランドの固い守りを崩せないまま。試合終了。
この日もジーコは玉田をフルで使い続けた。
アジアカップの幻影をまだ見続けているのか、それともあの時のキレが戻りつつあると確信があるのか。
でも、ジーコの洞察力は日本をここまで導いたわけだから、決して侮れない。
15日のメンバー発表に注目だ。

試合後ジーコは「今回の試合のいかんに関わらず私の中でメンバーはすでに決まっている」とテレビのインタビューに答えていた。

あれ?もう決まってるの?!
じゃあ、この試合は一体…??
まぁ、これまでの起用法を見ていると、選手はほぼ決まってる感じだったし、驚くべき発言でもないか。

σ(^^)個人としては、フランスリーグで大活躍している松井を是非チョイスして欲しい。
きっと彼は今W杯でラッキーボーイになってくれると思っているのだが。
まぁ、そう思うのも、ジーコジャパンでの起用が少なく、その未知数の部分への過剰な期待から来てるところもあるんだけど。
しかし、ボスニア・ヘルツェゴビナで起用されなかったことを考えると難しいかな

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image