ONE at 金沢観光会館 (ALFEE )

満開の時期も終わり、花びらと葉っぱが入り交じった茶色の桜並木が目に付くこの時期、やってきましたTHE ALFEE!
いつもは百万石祭りのある6月にやってくることが多いんだけど、4月7日スタートの「ONE」ツアー6本目という異例の早さ。
もう一週間早かったら、満開の桜も見れたのにね(笑)

アルバムも新曲も出ていない(企画ものやマラソンソングはあるけど)今ツアー、さてどんな演目が披露されるか。
今回の座席はなんと5列目中央!
むちゃくちゃステージに近い!!
ピックをゲットできるかなぁ〜。

●「Masquerade Love
一発目からこの曲かぁ〜、いいね(^^)
師匠お持ちのギターは、今ツアーのために作成されたというESP製フライングV。
昨年のレスポール使いまくりからの流れか、オーソドックスな形のギターに傾倒しているのかも。
フライングVには珍しい木目を生かしたボディ。
ピックアップの黒、ピックガードの白、そしてボディのブラウンと、なかなか渋い色合いに仕上がってました。

このフライングVの他は、去年に引き続きレスポール−ジミーペイジ・シグネチャーモデルを使用。
A-Guitarsのメルマガによれば、このモデルはジミーペイジ使用のレスポールを変色、錆び、変形、キズまで再現しているとか。
AGED加工と言うらしい。
錆びや変色をワザワザ施すなんて、もやは芸術品の世界(*_*)。

●「鋼鉄の巨人
●「恋の炎
●「二人のSEASON
●「幻想飛行
前半戦から飛ばすなぁ〜(^-^;)
古いALFEEファンには垂涎の選曲。
もうたまりません(^^)

●「星空のディスタンス
う〜ん、ここでこの曲を持ってくるか。
正直、トップスピードで走っていた前半の流れに急ブレーキをかけられた感じ。
なんでだろう?
やっぱり、この曲はアンコール向けなのかなぁ。
あくまで個人的見解。

●MC
今ツアーにおけるMCのお題は、各自のスローガン。
で、師匠のスローガンは「金沢万歳!」。
「万歳金沢」じゃいけないらしい(笑)

●「ふたりのGraduation
イタタタタ…。
こういう力の抜けたバラードは歌唱力が要求されるわけで…今の師匠ではちょっとイタイ(^-^;)

●「NOBODY KNOWS ME
30代後半ともなると、メッセージソングやラブソングなんかより、こういう地に足のついた詞の楽曲が心に沁みますわ。
坂崎さんのアコギとドライなボーカルが、詞の世界を一層深めてくれます。

●「My Sweet Home Town

●「Moonlight Fairy
今の師匠には、「ふたりのGraduation」のようなバラードより、こういう力んで歌うバラードがお似合いですな。
あれだけシャウトばかりしていると、ノドの方もそうなっちゃうんだろうねぇ。

●MC

●「運命の轍 宿命の扉
●「哀愁は黄昏の果てに
勉強になりました。今回のライブを手本に精進します…(謎)
やっぱり5列目ともなると、ギターの弦1本、1本が認識できるわけで、その奏法もじっくり研究できました。
やっぱり師匠はスゴイ(笑)

●「Crisis Game〜世紀末の危険な遊戯〜
●「幻夜祭
●「幻想 〜ILLUSION〜
アコギとキーボードで静かに始まり、エンディングは師匠の激しいギターソロ。
この曲、こんなにカッコ良かった?と思わせるぐらいのアレンジ。
個人的にはこのライブ、一番のお気に入りかも。

幻想飛行」「幻夜祭」「幻想」と、このライブで”まぼろし3兄弟”が演奏されたわけね(笑)

●「ONE」
今年の大阪マラソンのテーマソングで、まだアルバム等には未収録の楽曲。
フルで初めて聴いたけど、スローテンポで綺麗な曲。
なんといってもラストの桜井さんのボーカルが絶品です。

〜アンコール〜
●「ロックンロール・ナイトショー
●「誰よりもLADY JANE
またBですか…(^-^;)

●「恋人になりたい
勉強になりました。今回のライブを手本に精進します…(謎)

●「MEET THE ALFEE
曲中「フォークじゃねえだろ」と言う坂崎のつぶやきの連続がウケた(笑)
できればフルコーラスで聴きたかったかも。

●「夢よ急げ
●「SINCE 1982
中学の頃、この楽曲をはじめて聴いて感動したことを思い出してしまった…。
あの頃は若かった(^-^;)
まさかこの歳になるまで、この楽曲を、そしてALFEEを聞き続けているなんて、今更ながらスゴイって思ってしまう。
いや、聞き続けている自分より、やり続けているALFEEがスゴイんだよね。

〜アンコール〜
●MC
●「SWEAT&TEARS
ピックゲット〜!!
ALFEEファン歴、20数年にして初めてのピックゲットです!
それも師匠がお投げになられた…いやバラまかれたピックの一つ。
kuni家の家宝として代々受け継がさせていただきます。
願わくば師匠使用済みのピックが欲しかった…(笑)

そんな興奮の中、ライブ終了。
いや〜、疲れたけど、楽しかったぁ(^^)

今回のライブの注目はなんと言ってもドラム。
長谷川さん卒業の後はどうなる?ALFEEファンなら誰しも不安を覚えたはず。
長谷川さんの代わりに参加した新ドラマーは吉田太郎さん。
ググって見ると、小柳ゆき、キンキキッズから安岡力也までと種々雑多なアーティストのドラムを勤めていたらしい。
とにかくタイコの数が少ない!必要最小限。
長谷川さんの要塞のようなドラムセットを見慣れているせいか、かなり違和感を感じた。
そうる透さんとのツインドラムだったため、演奏に違和感を感じなかったが。
今後、この編成で行くのか、それとも中継ぎなのか?どうなるんだろう?

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


4 Responses to “ONE at 金沢観光会館 (ALFEE )”

  1. sakai より:

    このセットリストって記憶?そんな作業してた素振りなかったから(^^,)

    いやぁ、それにしても今回は僕もかなりのお土産をゲットできました。ピック2枚は
    かなりの収穫でしょう(^^)更にせんべいまで(笑)

  2. kuni より:

    sakaiさん、よっぽど目立ってたんだろうね。
    ピック2枚にせんべえまで飛んできたんだもん(笑)。

    セットリストの方は…他のブログをいろいろと参考にしました(^-^,)。
    さすがにあれだけの楽曲を記憶できませ?ん。

  3. JUN より:

    THE ALCHU春ツアーご参加お疲れ様でもいした。自分は多分最終日名古屋センチュリー参加だと思いますが・・・席はいままで最高で21列目です。・・・細かいタカミーのプレイをチェックしたいので、コピーバンド専用席?みたいなのつくってほしかったりして・・・

  4. kuni より:

    JUNさん、こんにちは。
    春ツアーは名古屋がファイルだから、辛いところですよねぇ(^-^,)

    コピバン専用席ですか…それができたら、一気にコピバン人口が増えそうですな(笑)

コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image