浜田省吾 ON THE ROAD 2006-2007 in 福井 (雑記 )

先週はヤイコ、こないだの日曜日は浜省、そして再来週はALFEEと、ライブ三昧の春を迎えております。

今回もALFEEファンの視点で、福井で行われた浜省のライブをレポート!

会場である福井フェニックス・プラザに足を踏み入れるのは今回が初めて。
このホールはAブロック、Bブロックに分かれており、ステージ側がAブロックとなる。
このAブロックの座席、驚いたことにパイプ椅子だったのだ。
ALFEEの夏イベに並べられているような安っぽいものではないが、通常のホールにあるような固定された座席ではなかった。
σ(^^)の座席は、ホール後方のBブロック。
こちらの方は普通にホールに設置されている固定された椅子。
ただ、σ(^^)の座席が通路側だったせいか、人が通るたびに座席が大きく揺れるていた(^^;)。
まぁ、ライブが始まれば、パイプ椅子だろうが、レカロシートだろうが、はたまたレザーシートだろうが関係なくなるのだが。

定刻通り18時にライブが始まる。
昨年の金沢観光会館同様、この福井フェニックスプラザでも立ち見が出ていた。
恐るべし浜省ファン。

ライブが始まったとたん、観客のテンションは一気にヒートアップ(^^;)
スロースターターのALFEEファンとは大違いだ。

ツアータイトルにある通り、今ツアーは2006年から2007年にかけて開催される。
何曲か入れ替わっていたが、基本的な構成は昨年の金沢と同じ。

そんなこともあって、前回は若干乗り遅れたところもあったが、今回は要領を得て、まるでベテランの浜省ファンのごとくノリまくった。

MCでは、ライブ前夜に足羽川の桜を見に行ったことが語られていた。
おお〜、時間は違えどσ(^^)もその桜を見たぞ。
妙に親近感が湧いてくる。

普段、浜省の楽曲でもバラードを好んで聴いている。
しかし、ライブではやはりロックナンバーが一番!
J.Boy、Moneyなどの往年の名曲から、Thak you!、I am a fatherなど最新のロックナンバーばかりが記憶に残っている。
特にMoneyはカッチョよすぎ。

2時間のライブもあっという間に終了。
ライブでこんなに汗だくになったのは久しぶりかも。

そう言えば、このライブで、ALFEEのライブでは体験できないことを経験した。
それはトイレ前の行列…。
ALFEEのライブなら、女子トイレはともかく、男子トイレはすんなり入れるのだが(^^;)

さて、浜省の次のツアーは何年後だろう?
凝りずにまた参加したいぞ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image