ラブソングができるまで (映画 )

「80年代、絶大な人気を誇っていたバンド”PoP”。
アレックスは、”PoP”のボーカルを務めていた。
もはや過去の人となってしまった彼に、ひょんなことから人気絶頂の歌姫コーラから曲の提供を依頼される。
作詞が大の苦手な彼は悪戦苦闘。
そんなとき、観葉植物の世話係に来ていたソフィーが口ずさむ歌詞を耳にする。
彼女のセンスを察知したアレックスは、共に曲作りに挑むのだが…。」

ご存じヒュー・グラント主演の定番ラブコメ。
主人公がくっついたり、離れたり、そして最後にはくっつく、まさに典型的なラブコメだ。
たまにはこう言う映画も、力が抜けていい(笑)

主人公は80年代に一世を風靡したポップバンドのボーカル。
今では、過去のヒットソングだけを引ッ下げて、遊園地をドサ周りする日々。

そんな主人公になぜか我らがALFEEを重ねてしまった。
もちろんσ(^^)を含むファンにとっては、現役のバンドなのだが、場外の人にしたら、主人公同様、昔懐かしの人。

作品中、80年代に青春を過ごしたであろう世代の同窓会シーンがある。
主人公はその余興に呼ばれるのだが、彼のオンステージに熱狂する元女子と、傍で冷めた目で見る元男子。
まさに「星空のディスタンス」で熱狂するσ(^^)たちと、「まだ行ってるの?」と嘲笑する職場の同僚、と同じ構図ではないか(笑)

そう言う目で見ると、この作品、また違った楽しみ方ができるかも(笑)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image