カフスイヤホンを使ってみて

今更だが・・・昨年末に購入したカフスイヤホンのレビューを。

元来痒がりなので、インナータイプのイヤホンを使っていると、耳がムズムズ。以前は耳あてタイプ(ヘッドホンの小型版みたいな)ってのもあって、それをチョイスしていたのだが、最近見かけなくなった。

そこで見つけたのがカフスタイプのイヤホン。amibieワイアレスカフス。耳の中には入れず、耳を挟むのだ。いわゆる骨伝導・・・いや骨は介さないの肉伝導?

一番気がかりだったのは、まともに聞こえるのか?というところだったが、極端にボリュームが小さい音源でなければ全然OK。耳を塞がないから、没入感はまったくない。そのかわり、周囲音を遮ることなくどこともなく音楽が聞こえてくるという、不思議な感覚を体験することができる。

耳の挟み方は最初戸惑ったが、すぐになれた。痒みはなくなったものの、長時間をつけていると挟んでいる耳が痛くなってくる・・・。ここは挟む位置を変えることで回避可能。

使用して半年たつが、トラブルなく、良好である。周囲音も聞こえるから、練習音源を再生しながら、ギター練習っていう効用があることにも気づいた。σ(^^)にとって、なかなか重宝するアイテムだ。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください