ハンドル調整の作法

愛車Angliruのハンドルを下げたところガタツキが発生。
購入した自転車屋に持っていったところ、あっという間に修正完了。
どうも手順を間違えていたようで、備忘録として書き留めておく。

恥ずかしながら、ロードバイク歴10年以上でハンドルの高さを調整したのは今回が初めて。
そもそも、このAngliru、ちょっとハンドル高が高めであることは買う前から把握していて、購入時にも「下げますか?」とも聞かれてはいた。
スピード志向はなく、楽にロングライドしたいという思いもあり、前傾姿勢にはならいハンドル高めで購入した。
とはいうものの、乗り込んでいくうちに、多少のスピードアップが欲しくなったわけで。

カラム内のプレッシャーアンカーも取り出し、締め直したりもしたが、結局のところ、上下のギャップをトップのボルトで解消しないまま、横側のステムを締めてしまったのが原因だったようだ。

怪我の功名というべきか、ネットでいろいろ調べたり、自転車屋からアドバイスも受けたこともあって、ハンドル周りの構造について知識を深めることができた。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください