年の初めにオンラインレンタルビデオを考えてみる

あめましておめでとうございます。
仕事納めと同時に惹いた風邪とともに年を越してしまった(–;)
年末年始の予定もすべて流れてしまい、初詣にも行っていない。
年明け早々、仕事の方もバタバタしそうなので、とにかく療養第一、どこにも出かけずベッドで安静の日々だ。
とはいえ、延々と寝ているのも逆に疲れるので、オンラインでビデオをレンタルし、映画三昧としゃれ込むことにした。

オンラインサービスもいろいろある。
TSUTAYA TVや、DMM、HuLu、U-NEXT、iTunesにGooglePlay…たぶんまだまだある。
ディスクの配送レンタルにはDMMを度々利用しているのだが、オンラインレンタルの作品ラインナップを見るとかなりしょぼかった(–;)
心持ちアニメに力が入ってるっぽい。
他のサービスもラインナップは似たり寄ったりで、最近の話題作は取りそろえているものの、中途半端に年数がたっているもの、話題性がイマイチだったものが、なかなか揃えられていなかった。
そんな中、個人的に見たい映画が揃っていたのがiTunes Store。
こんな作品まで揃ってるの?っとびっくりするぐらいだった。
このラインナップの差は一体何なのだろう?

Android派なので、できればGooglePlayの今後のラインナップに期待したいところ。
iTunesStoreだと、我が家ではパソコンが置いてある部屋でしか観られないことになる。
それ以外の主だったサービスはブラビアで利用可能なのだが。
これはAppleTVの購入を検討すべきか?

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image