映画「プリデスティネーション」を観て

予告を見ると、時空警察とか、アクションシーンの連続で、派手なSF映画と思いがちですが、全然違います。
なんとも暗く重い映画でした。
鑑賞後はしばらく、ストーリーのつじつま合わせに頭がグルグル、ショート寸前。

タイムトラベルがテーマではあるものの、映画の大半はある人間の半生を追うことに費やされて、なかなかタイムトラベルの話に展開しません。
なんだ?見る映画を間違えたか?と思ったぐらい。
しかし、この半生がこの映画にとって重要な肝だったわけです。

劇中の「鶏が先か卵が先か?」というセリフ。
主人公が「タイムトラベルが生み出した特別な存在」と言われる所以。
ここら辺の意味深なタームが、最後に繋がって、膝を打つことに。
ただ、このタイムループをすぐに消化することは正直難儀です。

鑑賞後にこの予告を観たけど、このつなぎ方はちょっと詐欺だよなぁ(-_-;)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image