映画「幸せをつかむ歌」を観て

仰々しいタイトルがついていますが、ストーリー展開もありがち、特別な感動もない作品だ。
この映画の見所は何と言ってもメリル・ストリープのロッカーぶりだろう。
彼女のこれまでの出演作を観ていないと、この映画での変貌ぶりに感動をおぼえないかも。
それほど、役にはまりきっている。
ライブハウス、そしてラストで演奏されるアメリカンロックがなんとも心地いい。

これといったテーマもなく、先の読めるストーリー展開だが、気楽に映画を楽しみたい、と言う時には丁度いい作品かも。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image