国際親善試合 日本×アンゴラ (サッカー )

日本 1-0 アンゴラ

まさに辛勝。
FIFAランキングでもかなり格下のアンゴラ。
日本までの移動で疲労し、主軸不在だったアンゴラに対し、1-0じゃあ不味いでしょ。
日本は海外組を多く召集し、ほぼベストメンバー(ジーコ監督の中でのですが(^_^;))で臨んだわけですから。

前評判では、新興勢力であるアフリカ勢であること、そしてその身体能力の高さから、力は未知数と報道されていたけど、前半は完全に日本ペース。
これは日本の大勝でしょ、と思いきや、数々のシュートチャンスはあったもののゴールを決めることのできないFW陣。
いつもの「決定力不足」ですか…(^_^;)
そもそも、所属クラブでスタメンになりえていない二人ですからね。

DF陣の方は、中澤選手、田中誠選手が戻ってきたこともあって、かなり安定していた。
おかげで東欧遠征のようなスリル感を味わうことはなかった(^^;)

今日の三都主選手はなかなかいい感じ。
レッズでも調子が良いみたいだし、以前のキレキレ感が戻りつつあるのか?
右サイドの駒野選手は、なんか遠慮してる感じだったなぁ。
加地選手よりは上だと思っていたんだけど…やはりボランチにいるビッグスターのオーラが眩しすぎたのか。

脱線するが、この日、新ユニフォームによる初試合だったんだね。
これでW杯に出場するわけだけど、見られてないせいか何か違和感。
特にあの背番号やメンバー名の書体がいただけない。
丸文字っぽくて、強そうじゃないぞ。
襟の方はオシャレっぽくなって、以前の取って付けたような赤襟よりは全然いい!
でも、襟の後ろに付いている日の丸のワンポイントはいかがなモノか(^^;)

さて後半。
体が温まってきたのか、前半劣勢だったアンゴラが日本ゴールに襲いかかる。
前半とはうって変わって、危険なシーンが続く…おいおい日本どうしたんだ!
ただ、パンチのあるシュートは放つモノの、あまり精度は高くない模様。
アンゴラも日本同様、決定力不足病?

試合が膠着状態になっても、ジーコ監督は動かず。
ここは大黒選手か松井選手を投入でしょ、σ(^^)がテレビに向かってツッコミを入れ始めてから15分後にやっと大黒選手が投入される。
う〜ん、いつもながら腰が重いです、ジーコ監督(^^;)。
続けて、松井選手、阿部選手が投入。
さすが所属クラブで確固たる地位を築いているだけあって、松井選手の動きはいい!
膠着状態だった日本の攻撃が再機能し始める。
そして、試合終了間際、中村選手→柳沢選手→松井選手でヘディングシュートが決まる。
ゴール後の松井選手のニヒルな喜び方がいい!

勝利を収めたモノの、なんかイマイチ喜びきれない。
終了間際のゴールなんて、いつもなら歓喜するものなのだが、今回はそれも感じなかった。
それより、この状態でW杯は大丈夫なの?と言う不安が募った試合だった。
W杯開幕まで、もう7ヶ月を切ったんですから。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image