ギタースタンドのチューリップを直す

ギタースタンドの・・・なんていうんだろ?転倒防止のため、ネック前面で閉じる機構部。形状からチューリップと、ここでは呼んでおこう。

このチューリップ、ギターの荷重で閉じ、ギターを持ち上げると開く。この開き方が中途半端になり、ギターをスタンドから取り外せなくなった(泣)

なんとか自力で修復できたので、その方法をメモっておく。

チューロップの回動軸部にシールが貼られていて、これを無理やり剥がすと六角のボルトが現れる。

六角レンチで外した状態。写っているワッシャーはスタンド側に付いている(画像の反対側)。おそらくこのボルトがガタついていたよう。あまり締め付けるとチューリップが動かなくなるので、チューロップを上下させながら、いい感じで動くところで締め付けを終了。

以上、簡単な作業でスタンドは復活。ただ、ボルトとチューリップの接触部もかなりヘタってるようだったので、次は買い替えかなぁ??

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください