映画「アルプススタンドのはしの方」を観て

高校野球の映画である。
いや、正確には甲子園に応援にきた学生たちの話である。
タイトルの「アルプススタンド」は甲子園のスタンドのことで、「はしの方」とある通り、積極的応援している学生たちとは、ちょっと外れた学生たちが主役だ。
一方、試合中の野球部員たちは一切映らない。
延々とスタンドの「はしの方」だけが映し出される(時々スタンド裏のシーンもあるが)。

菅田将暉主演「セトウツミ」を彷彿とさせる設定だ。
こちらは登場人が多く、女子率も高いのだが。

鑑賞後に調べたところ、原作は高校演劇部の顧問で、演劇部用に書き上げられたものらしい。
なるほど、スタンドだけにスポットが当てられているのも納得がいく。
もしかしたら、舞台のほうが映画以上の面白みがあるかも。

集団から離れ、応援に身が入らない彼女たち。
傍から見ると不熱心なように映るが、彼女なりの悩み、葛藤があり、5回から9回の試合終了までに、グラウンド以上に熱い?ドラマがこの「はしの方」で展開するわけだ。

LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください