映画「機動戦士ガンダムNT」を観て

劇場で鑑賞するつもりでいたが、公開前日にテレビ放映されていた冒頭30分を観て、劇場に足を運ぶのをとりやめた経緯がある。

冒頭30分なので、ストーリーなんてわかったもんじゃない。ストーリーより、作画の粗さにげんなりしたのだ。

そして、キャラクターデザインの変わりよう。「ガンダムUC」の続編ということで、同作のキャラクターが何人か登場するのだが、顔の変わりようにこちらでもげんなり。声と会話の内容から推測せざるを得ない始末。一番ひどかったのはミネバ。オーラがまったくなかった。「NT]を観て「UC]の画力を、期せずして思い知らされた。

時間軸として「UC]後、ということだったが、ストーリーとしてはそれに縛られるものではなく、ほぼ別エピソードで仕上げられていた。どちらかというと「ファースト」から「Z」に話が及ぶあたり、往年のガンダムファンが楽しめる要素もあった。

ニュータイプとサイコフレームを軸に、「UC]以上にスピリチュアルな方向に偏重していた。「ガンダム」のスピリチュアルへの偏重は「Z]から始まっているわけだが、やはり「ファースト」からのファンとしては、若者の群像劇的要素を復活させてほしいものだ。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image