GLAN TANKでUSBオーディオ (PC )

昨年、個人的にヒットした[keyword:SlimServer]。
今年もいろいろ遊んでみようと思っている。

[keyword:GLAN TANK]に[keyword:SlimServer]をインストールしたことで、我が家の音楽環境が激変した…いや激変は言い過ぎかも。
でも、かなり快適になった。
[keyword:Squeezebox]という端末さえあれば、パソコンなしで[keyword:GLAN TANK]内の音楽データを取聴できるわけだし。
しかし、購入した[keyword:Squeezebox]は一台。
設置場所は寝室。
小さい端末だから持ち運びに苦労するわけではないのだが、いちいちリビングや他の部屋へ持ち運ぶのは面倒。

この我がままを解決する方法として、まずSoftsqueezeと言うアプリをパソコンにインストールした。
javaで作られたアプリで、難なくインストールできる。

Softsqueeze
http://softsqueeze.sourceforge.net/index.html

[keyword:Squeezebox]を模した操作画面がしゃれっ気があってなかなか良い。
これでパソコンがある部屋であれば、[keyword:SlimServer]を介した音楽鑑賞が可能となる。
しかし、人間というものはどこまで行っても我がままな生き物。
パソコンを立ち上げす、且つ[keyword:Squeezebox]もない環境で[keyword:SlimServer]を鑑賞できないものか、と考えてみる。
たどりついた解がこれ↓。

[keyword:GLAN TANK]のUSB端子にONKYO製USBオーディオのUE-155を接続し、コンポから音を出そうと言うもの。
パソコンを介さない…と言っても[keyword:Slimserver]の操作が必要なので、まるっきりパソコン不要とまではいかないが、愛機W-ZERO3で[keyword:Slimserver]にアクセスすることでも可能だし。

[keyword:Linux]ど素人なので詳細は割愛。
何をやったか概略を備忘録として記載する。

●alsaパッケージ類インストール
しかし、USBオーディオのドライバが読み込まれず…。
こちら↓の[keyword:GLAN TANK]用のドライバセットをインストールすることで何とか解決。

http://w3.quake3.jp/sushi-k/oldblog/index.php?itemid=406

●madplayerインストール
●slimp3slaveインストール
madplayerは[keyword:GLAN TANK]上で動かす音楽プレーヤ。
slimp3slaveはSlimsever用のクライアントアプリ。

slimp3slave
http://www.ex-parrot.com/~pdw/slimp3slave/

しかし、slimp3slaveはそのままではバックグラウンドで動作してくれないようなので、こちらのパッチをあてる…しかし、うまくパッチがあたらず手動で書き換え(^^;)

http://forums.slimdevices.com/showthread.php?t=5283

これで”./slimp3slave -b &”と打てばバックグラウンドで動作した。

●Alsamixerのボリューム調整
最初、音が鳴らずに右往左往したが、Alsamixerのボリューム設定がデフォルトゼロだったらしい。
これをマックスに設定し直し。

以上でなんとか[keyword:GLAN TANK]+USBオーディオで音が出るようになった…感動(T.T)

しかし、その感動も束の間…数日経って音が出なくなる。
Alsamixerのボリューム設定が勝手に変わったのか?と思い”alsamixer”と打つと、「そのようなデバイスはない!」とのお叱りのメッセージが…。

う〜ん、これは一体なにが起こっているのだ?
[keyword:GLAN TANK]をリブートすることで音は鳴るようになるのだが、それも数日経つとまた無音状態に。

alsaパッケージがまずいのか、USBオーディオとの相性か?
[keyword:Linux]ど素人の格闘はまだまだ続く…。

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image