あれこれできないiPhone (PC )

W-ZERO3からiPhoneへ乗り換えて早1ヶ月。
意外にW-ZERO3で、と言うかWindows Mobile(以下、WM)でできてiPhoneでできないことが多く、正直とまどっている。

WM機でできてiPhoneでできないことは、たとえば以下のようなものがある。

●ペン入力
よく知られているように、WMはタッチペン、iPhoneは指タッチ入力になる。
WMは指タッチでも操作は可能で、アプリのUI次第(ボタンの大きさ等)になるが、iPhoneでのペン入力は不可能と言っていい。
と言うか、ペン入力をまったく想定していない、もっと言えばペン入力を拒むかのような作りになっている。
iPhone用タッチペンとして販売されているpogoスケッチと言うのを、iPhoneと同時に購入したものの、かなり癖があり、WM機のようにはとても扱えない代物だった。

W-ZERO3では、PhatPadと言う手書きメモアプリを入れ、職場のミーティングではこれでメモを取っていた。
iPhoneにも指でなぞってメモするアプリはあるが、ペン書きと比較して明らかにスピードは劣る。

iPhoneへの乗り換えにより、また紙のメモ帳に逆戻りするはめになった。

●アップロード
元旦のブログにも書いたが、なんとiPhone標準のウェブブラウザSafariはファイルのアップロードができない。
iPhoneで撮影し、iPhoneでブログを書き、iPhonで画像もアップロード、と言うモバイルブロガーを夢見ていたのだが、夢かなわず…(T.T)

●バックグラウンド再生
シングルタスクの宿命だからしょうがないのだろうが、インターネットラジオを聴きながら、ウェブを見たり、メールを見たり、マルチタスク的なことができない。
iPodに入った楽曲を再生しながら、別のアプリを起動するのは可能なのだが、それ以外のアプリで楽曲を再生して、別のアプリを起動すると、その時点で再生が止まってしまうのだ。

ストリーミングをBGMにウェブ閲覧という夢も、あえなく砕け散ってしまった。

●ファイル管理
WM機のファイルエクスプローラのようなものがiPhoneにはない。
まぁ、これは大したことではないが、何か閉鎖的な感じがして、心理的に気分が悪い…たぶんσ(^^)だけ。

●トップ画面の編集
WM機の場合、Today画面と呼ばれる待ち受け画面に近日の予定が表示されるため、いちいちスケジューラを立ち上げることなく、直近の予定を確認することができた。
何気にWM機を覗いて、「あ、こんな予定があったんだ」と言うぐあいに、スケジュール管理にはもってこいの作りだった。

一方、iPhoneの待ち受け画面(ロック解除画面)は画像が固定になってしまい、このようなスケジュール管理ができない。
いちいちスケジューラを起動しないといけないのだ。

おかげでスケジュール管理が以前に比べかなり雑になっている(^-^;)。
心がけの問題と言ってしまえば、それまでなのだが。

●タスクスケジューリング
スケジューラの話ではなく、特定のアプリを所定の時刻に実行させる、と言うようなことがWM機ではできたが、iPhoneではこれができない。
たとえば、ウェブを巡回させておくだとか、ポッドキャストをダウンロードさせておくだとか、ユーザが意識することなく処理を終わらせておく、と言うことができない。

携帯からiPhoneへ乗り換えた人には、面白い端末と言えるかもしれないが、WM機からiPhoneへの乗り換えとなると、いろいろ戸惑うことが多いと思う。
現在WMユーザでiPhoneへの乗り換えを検討している人は、今一度考え直した方が良いと思う。

素直にHYBRID W-ZERO3への買い換えにしとけば良かったのかなぁ、と後悔の念に苛まれながら、旧友のW-ZERO3を久々に取り出したところ、無意識にスタイラスではなく指タップしている自分がいた。
すっかり指先がiPhoneユーザになってる…(*_*)
恐るべしiPhone(笑)

LINEで送る
Pocket

You can leave a response, or trackback from your own site.


コメントをどうぞ

*
コンメントされる際は、画像に表示された文字を入力してください。
Anti-spam image